2009年08月29日

本気で薄毛対策をするのなら


ニコチンは、タバコに含まれる毒物として有名です。
ニコチンには血行を滞らせてしまう働きがあります。
結果として、髪の毛一本一本に栄養が届きにくくなってしまいます。
AGA(男性型脱毛症)を促してしまうという作用があるのです。

ニコチンは、髪の毛に悪影響がある成分と
考えていただいたら間違いありません。
栄養が届かない髪の運命は、予定よりも早く抜け毛となってしまうのです。
次の発毛がされるよりずっと前に抜け落ちてしまうことで、AGAとなります。

タバコをやめるためには、禁煙グッズを使ってみましょう。

禁煙パイプやニコチネル、ニコレットやチャンピックスなど、
多くの種類が発売されています。
禁煙はしたいけれど突然やめることができない、
自信がないという方をバックアップしてくれます。

大切なことは、なるべく早く禁煙することです。
禁煙グッズとしてタバコ代用品もあります。
タバコに含まれる有害物質は少ないものですが、ニコチンは含まれています。
本当に禁煙したい人が、初めて利用するのにぴったりです。

タバコを吸っている方で、本格的にAGA対策に取り組むならば、
禁煙は避けて通れない問題です。
ヘビースモーカーということで、必ずしも
AGAが促進されてしまうわけではありません。
ですが、少しでも抜け毛、薄毛が気になるなら、
タバコをやめることをお勧めします。

これが最大の防止策となるでしょう。

[PR] 自動車保険 切り替え

posted by おやじどの at 08:14| AGAとタバコの深い関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。