2009年09月04日

身体の中からうす毛対策


どんな国にも「食文化」があります。
平均身長、平均寿命など、人間の生命そのものに大きな影響を与えている存在です。
生活習慣のひとつの大きな柱として、食文化は位置しています。
生活習慣が大いに影響されるといわれる、AGA(男性型脱毛症)にも
当然関わってきます。

適切な食事管理を行うことは、AGA予防になります。
ただやりすぎると、大きなストレスを抱えることになってしまうでしょう。
完璧にやろうとするあまり、逆効果になってしまうこともあります。
気をつけるようにしましょう。

一日三食、毎日食べることが食生活のベースとなります。
豆類や魚を摂ることで、髪の構成物質のひとつである、
タンパク質を摂り入れることができます。
野菜もたくさん摂りましょう。

意識して摂って欲しいのはタンパク質、ミネラル、
そして各種ビタミンです。
ジュースやスナックなどは、たくさん食べなければ問題ないでしょう。

不足しがちな栄養素に関しては、健康食品を利用してみます。
摂り入れやすいサプリメントがたくさん発売されています。

きな粉や豆乳も、AGA防止に効果的です。
偏った食事が続いたときにお勧めします。
糖分や脂肪分をふんだんに含んだ食べ物は、極力避けるようにしましょう。
頭皮の皮脂の過剰分泌を促進し、AGA発症の可能性が高まってしまいます。
朝食を抜いた一日二回の食事も辞めたほうがいいでしょう。

[PR] 任意保険 保険料
posted by おやじどの at 08:48| AGAと食生活の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

寝不足と髪の毛の危険な関係

古くからいわれていることに「寝る子は育つ」という決まり文句があります。
これは、AGAに関しても当てはまります。
長く太く、健康的な髪の毛には良質な睡眠が欠かせません。

AGA(男性型脱毛症)予防のなかで、もっとも効果的で
低コストとされる方法です。
AGA専門家からも、そういった意見が寄せられています。
AGA対策には、睡眠が無視できない要素です。

効果的な睡眠を取るポイントは二つあります。

ひとつは睡眠時間を十分に取ることです。
7時間から7時間30分を目標に睡眠時間を確保しましょう。
時間が取れるからといって、むやみに長く寝るのは効果的とはいえません。

また睡眠のタイミングも重要です。
髪の毛が健康に育つためには、新陳代謝が高まる時間に
眠っていることが必要になります。
午後10時から午前2時、このゴールデンタイムといわれる
4時間を睡眠に充てるようにしましょう。

美肌や美顔のためにもいいとされている時間として、
耳にした方も多いでしょう。
この時間を逃さないことで一石二鳥の効果を手に入れることができるのです。
他にも熟睡するために、嫌なことは忘れる、
鼻詰まりを解消しておくといいでしょう。

夜12時より前に寝る、適切な枕を選ぶなどの方法もあります。
眠る前にカモミールのような、ノンカフェインの
リラックスティーを飲むのもいいでしょう。

[PR] 自動車保険 切り替え

posted by おやじどの at 11:12| AGAに影響する睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。